腎・泌尿器科クリニック 075-957-1715

腎クリニック 075-958-6823

診療方針

診療方針

1.患者さん・ご家族の理解と納得を大切にします

腎不全など各種腎・泌尿器疾患は、長期的に病気と向き合うことになります。 不明な点があると、それだけ患者さんのストレスや不安はふくらみます。
だから当院では、患者さん・ご家族と医師・スタッフ間のコミュニケーションが最も大切だと考えます。

疾患と治療方法を正確に理解し、前向きに治療を継続していただきたいから、心をこめて丁寧に話し合いを重ねています。

また合併症のアドバイスや訪問看護・食事療法のご相談にも対応しています。それも患者さんのお体の状態を、トータルで考えているからこそなのです。

2.豊富なノウハウとネットワーク

腎・泌尿器専門医院として1988年に開院した当院には、これまで蓄積してきた豊富な治療例と、充実した医療設備があります。一人ひとりの患者さんの状態や職業・家庭のご事情にあわせて、適切な治療をご提案しています。

また、合併する疾患などに応じて、他総合病院と密に連絡し、他病院の紹介や複合的な治療も行っています。
他病院から医療体制や設備を高くご評価いただき、患者さんを当院にご紹介いただく事が多いのも、私たちの大きな強みです。

3.ぬくもりに満ちた医療環境をめざします

長期にわたってつきあわざるを得ない病気ゆえに、病院に向かう足が重くなってはいけないと考えます。
病院は精神的に落ち込むところではなく、入りやすくて安堵感があり、励ましと明るい気持ちをチャージする空間でありたい。当院ではスタッフの対応や、院内の雰囲気、設備・システムへの細やかな配慮によって、「ぬくもり」を感じていただけるよう、いつも最大限の努力を重ねています。

当院への安心感と信頼が、ひいては患者さんの希望を照らし、病気の改善につながるものと信じてやみません。

 

医師紹介

理事長:岡村康彦

日本泌尿器科学会専門医
日本透析医学会 認定医(専門医)
身体障害者福祉法第15条 指定医
指定自立支援医療機関(更生医療)意見書作成 担当医
【所属学会】
日本泌尿器科学会、日本透析医学会

腎・泌尿器科クリニック 院長:岡村靖久

日本泌尿器科学会専門医
身体障害者福祉法第15条 指定医
指定自立支援医療機関(更生医療)意見書作成 担当医
【所属学会】
日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本尿路結石症学会、
日本臨床泌尿器科医会、日本透析医学会

腎クリニック 副院長:岡村基弘

日本泌尿器科学会専門医
日本透析医学会 認定医(専門医)
身体障害者福祉法第15条 指定医
指定自立支援医療機関(更生医療)意見書作成 担当医
【所属学会】
日本泌尿器科学会、日本透析医学会、日本性感染症学会

腎・泌尿器科クリニック
非常勤医師:福井勝一

丹後中央病院 泌尿器科部長
日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
麻酔科標榜医

pagetop

このページの先頭へ