腎・泌尿器科クリニック 075-957-1715

腎クリニック 075-958-6823

透析医療

透析療法を始める目安

以下の3群につき総合的に評価して決定します。

1. 次の項目にいくつ該当するか。

・嘔気(むかつき)や食欲不振がある
・しびれ、けいれんがある
・貧血や出血傾向がある
・目がかすむ
・体に水がたまっている
・体液のバランスがくずれている

2. 日常生活の支障はどのくらいか。

・起きあがることが出来ない
・通勤、通学がつらい
・家事がつらい など・・・

3. どのくらい腎臓の機能が残っているか。

・血清クレアチニン値 8mg/d 以上が続く

※ ただし小児や高齢者、糖尿病性腎症などでは、この基準にあてはまらない場合もあります。

 

治療方法について

血液ポンプを用いて血液を体外に引き出し、これを浄化する部分である透析器(ダイアライザー)に誘導して、老廃物および水分を取り除いた後に、再び体に戻す操作を連続して行います。

生活はこのようになります

・この治療を続けるために、透析施設へ週2~3回通院します。
・1回の透析には4~5時間が必要です。
・また、家族などの協力を得て、自宅で血液透析療法を行うことも可能です。
・腎臓は24時間フルに働いていますが透析では時間も効率も限られており、腎臓の働きを十分代行することはできません。
・したがって、食事や運動など日常の生活にも工夫が必要です。

透析施設への通院例

Aさんの場合:月・水・金曜日(週3回)
Bさんの場合:火・木・土曜日(週3回)

血液検査の結果や体重の増減などから個々の患者さんに合わせて決定されます。

退院後の生活

普通に生活すことはできますが、注意しなければならない事はあります。
まず、食事制限をしなければなりません。
十分なエネルギーやタンパク質の摂取はもちろんですが、塩分、水分、カリウム、リンなどの制限はさらに厳密に行う必要が有ります。
シャントをしている場合は、シャントが圧迫されないように気をつけなければなりません。

 

血液透析についてのQ&A

なぜ透析をしなければいけないのですか?
腎臓の働きが悪くなると体に不必要な水分や毒素が尿として体外に排泄できなくなるので透析をしなければ生命にかかわります。それで透析を行って余分な水分や蓄積され毒素を透析にて除去するのです。
血液透析中はじっと寝ていなければいけないのですか?
安静を保ちますが、音楽を聞いたり、本を読むことはできます。食事をする人もいます。
痛みはありますか?
針を刺す時に痛みがありますが、透析中に痛みはありません。
血液透析を開始したらどのような生活パターンになりますか?
原則として週3回、透析施設に通院して、血液透析を受けることとなります。
1回の透析は4-5時間かかりますので、透析日にはスケジュールの調整が必要です。仕事をされている方には夜間透析で治療を受けることが可能です。
お風呂に入ることはできますか?
原則として透析当日は針を刺しているので控えていただくか、その部分を保護して入ります。透析がない日は入浴することが可能です。
透析をしていると旅行に行けないのですか?
血液透析の場合、旅行中透析が必要になる日程の場合は、現地で透析を受けられるよう手配する必要があります。透析の時間をスケジュールに入れ、行き先の透析施設に予約しておきます。
腹膜透析の場合は、必要な量の透析液バッグ、その他の器材を持参するか、旅行先に送っておけば、透析を行うことができます。
どちらの場合も、旅行会社の透析者向けツアーもあり、また個人で海外旅行をする人もいます。
日常生活で注意することはなんですか?
まず、シャントを長持ちさせることがとても重要です。そのためにはシャントを圧迫しないように注意する必要があります。具体的には、シャントがある腕での血圧測定を避けたり、また買い物袋など重いものを腕に乗せてはいけません。
また、より安定した透析を続け合併症をおこさないためにも、食事制限をきちんと行う必要があります。
具体的にはエネルギーは十分にとり、水分・塩分・カリウムは制限します。
食事や水分の制限はありますか?
透析と透析の間があくため、次の透析までに水分や老廃物が貯まります。このため、食事制限を厳密にする必要があります。
一般的にはエネルギーは十分にとり、水分・塩分・カリウムは制限します。
治療費はどのくらいかかりますか?
人工透析を受けている慢性腎不全患者様は血液透析であっても、腹膜透析であっても、同様の医療保障制度を受けることができます。特定疾病療養受領証を受けることで、高額医療費の自己負担分を軽減でき、その他、障害者医療費助成制度や更正医療を利用することが可能な場合があります。
また、身体障害者手帳を受領することで、福祉サービスを受けることが出来ます。お住まいの地域や患者様の状況によって異なりますので、詳しくは病院のソーシャルワーカーや市区町村の担当者にお問い合わせ下さい。
在宅血液透析について
透析の機械を家庭に設置して行います。機械の操作や針を腕に刺す処置は自分か、あるいは介助する人が行います。
そのために病院で1~3カ月、十分な訓練を受ける必要があります。
血液透析はどのくらい続けることが出来ますか?
異常が起こらなければ、制限の期間というものはありません。長期になるとシャントの問題や合併症が起こりやすくなります。これらを防ぐためにも、できる限りの継続的な管理が必要です。
具体的には禁水分・食事・血圧の管理をきちんと行うとともに、煙草を吸っている方は禁煙(減煙)する事が大切です。
透析導入後、はやく社会復帰(会社への復職)したいのですが?
社会復帰は血液透析の目的の一つです。健康状態に応じて社会復帰をすすめていたくようにしています。
当医院では夜間透析も行っていますから、仕事のご都合により、時間の調整をしていただければ何ら問題はありません。
pagetop

このページの先頭へ