腎・泌尿器科クリニック 075-957-1715

腎クリニック 075-958-6823

泌尿器科

性病について

近年、抗生剤の開発により以前より治りやすくなってきた反面、安易な性交渉や度重なる感染を経て抗生剤が効かない又は効きにくい病原体が増加しています。
自覚症状の強い病気は早期に、他人に感染する前に治療を受けるため減少してきていますが、自覚症状の弱い病気は治療が遅れて感染を広めています。若い人の間では性行為感染症が増加傾向にあります。 クラミジアや淋病に感染すると、エイズに3~4倍かかりやすくなります。
また放置した場合には、男性は精巣上体炎(副睾丸炎)や不妊症、女性は子宮頚管炎、卵管炎、不妊症などになる可能性があります。 もし心当りがあって、違和感や不安感がある時は早めに検査を受ける事をお勧めします。

クラミジア  潜伏期間 : 1~3週間

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)
症状 尿道炎(尿道分泌物、尿道掻痒感、排尿痛)精巣上体炎(陰嚢内容の腫脹、疼痛、発熱)女性の70%以上は無症状といわれている。女性の卵管性不妊の最大の原因といわれている。 男性の約3分の1も自覚症状がない。若年者の有病率では最大。
治療方法 アジスロマイシンで治療可能。
 

淋病  潜伏期間 : 3~10日

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス) 、タオルなどからの感染事例もまれに報告されている。
症状 尿道炎(膿性尿道分泌物、排尿痛)、精巣上体炎(発熱、陰嚢腫大、疼痛著明)その他、咽頭炎、直腸炎(自覚症状はない)結膜炎(発赤、膿性眼脂著明)
治療方法 セフィキシムなどのセフェム剤中心に行う。ニューキノロン系は、近年耐性菌が増加している。 治療開始後3日たっても自覚症状が改善しない場合、耐性菌の可能性もあり抗生物質を変更する。 耐性菌は、生き残った菌から生じるため治療後完治しているか確認の意味で10日後に必ず再検査する。必ずパートナーも検査していっしょに治療する。
 

梅毒  潜伏期間 :約3週間

感染経路 性行為または類似の行為によって感染力をもつ病変から直接感染。母子感染。
症状 性器に赤色の硬いしこりやただれができ、股のリンパ節が腫れます。その後3ヶ月以後から、脱毛や発熱、けん怠(たい)感、頭痛などの自覚症状がではじめます。性器には痛みもないできもの(扁平(へんぺい)コンジローム)ができることもあり、全身のリンパ節が硬く腫れ(はれ)てきます。
治療方法 治療の基本はペニシリンの内服である。ペニシリンは梅毒トレポネーマに感受性が高く、未だ耐性の報告もないために第一選択薬剤として用いられ、確実に治療効果を発揮する。 投与期間は第1期梅毒で2~4週間、第二期梅毒では4~8週間、第3期梅毒以降は8~12週間内服することが一般的である。投与方法は内服療法と注射療法と比較して、両者の治療効果に差がほとんどないために現在では、内服が主になっている。
 

ヘルペス  潜伏期間 : 2~10日

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)。
症状 男性 陰茎包皮の水泡、潰瘍。強い痛みが出ることがある。 女性初感染では、浅い潰瘍性または水泡性の病変を認める。強い痛みが出ることがある。鼠径リンパ節の腫脹、圧痛、発熱。再発では、外陰部、臀部、、肛門周囲などに1から数個の水泡または浅い潰瘍が繰り返し出現する。症状は、初感染より軽い。
治療方法 早期にアシクロビルを200mgを1日5回5日から10日投与する。症状が軽い場合は、アシクロビル軟膏だけで良い。
 

カンジタ  潜伏期間 :2日~6週間

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)。
症状 外陰部への激しいかゆみが起こる。また、膣内にはカッテージチーズのような、お粥のような白いおりものでいっぱいになり、外陰部にも付着してただれる。特に強い臭いはない。慢性化した場合、おりものの量は減るが、外陰部のかゆみや痛みは残る。
治療方法 治療は、抗真菌剤の膣錠の使用やクリームを外陰部に塗る方法がある。治療後3~4日で症状は軽くなり、2週間程度で治る。治療中の石鹸による外陰部の激し い洗浄は、再発しやすくなるので注意が必要。清潔にすることは大切だが、石鹸で洗いすぎると膣の自浄作用が低下してカンジダ膣炎になる場合がある。
 

尖圭コンジローム  潜伏期間 :数週間~数ヶ月

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)
症状 男性 陰茎、亀頭部、冠状溝、包皮、陰嚢、肛門周囲、肛門、尿道口 女性 大小陰唇、膣前庭、膣、肛門周囲、肛門、尿道口 乳頭状、鶏冠状の淡紅色または褐色状の腫瘍で集簇して多発することが多い(いぼのようなものが多発するということ)。自覚症状はないことが多い。
治療方法 液体窒素による凍結療法、電気焼灼、炭酸ガス、レーザーによる治療。数ヶ月にわたり再発の度に繰り返し治療を行う。
 

毛じらみ  潜伏期間 : 1~2ヶ月

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)
症状 初めは、ちくちくとさすようなかゆみがあり、だんだんかゆみが強くなりる。陰毛から陰毛へ感染するため、毛じらみの発症場所は陰毛が多い。
治療方法 陰毛の毛穴に寄生し産卵するので、陰毛を剃り専用の駆除剤を使用する。治療期間は1~2週間といわれている。
 

トリコモナス  潜伏期間 : 1~2週間

感染経路 性行為、およびその類似の行為 (オーラルセックス)
症状 外陰部の掻痒感(かゆみ)・灼熱感と特徴的な帯下(おりもの)の増加である。また膣炎が極端な場合には性交時痛や性交不快を訴えたり、血性帯下がみられる場合もある。また、膀胱炎などの尿路感染症を合併している場合もあり、排尿時痛なども時には見られる。
治療方法 抗トリコモナス剤があるが、投与方法として内服剤による全身投与法と膣錠や軟膏による局所療法がある。通常きちんと治療すれば、2週間で治る。
 

不妊症

男性不妊には様々な要因があります。
当院では精液検査を行う事が可能で当日に結果をお伝えする事が可能です。
治療の必要があれば不妊症専門施設に御紹介させていただきます。

pagetop

このページの先頭へ