長時間透析とは

身体への負担が少なく、
より多くの毒素の除去が可能です。

長時間透析とは、週18時間以上(週3回の場合は1回6時間以上)の透析を行うことです。

腎臓は毎日休むことなく働き、1週間に168時間働いています。血液透析はその腎臓の代わりを行う治療ですので、短い透析時間では充分とは言えません。より多くの尿毒素の除去、身体への負荷の少ない除水、これらを行うには長時間透析を行うしか方法はありません。

当院ではできるだけ透析時間を長くとるように指導しております。

長時間透析イメージ

長時間透析のメリット

  1. 生命予後が良好。
  2. 日常生活の質が向上する。
  3. 食事制限が緩和される。
  4. 合併症発症のリスクが低下する。

水分制限はありますが、長時間透析によって食事制限が緩和されます。ご家族の方と同じ食事ができ、バランスの取れた食生活を送れば健康状態も改善していきます。
また十分な透析効率が得られるために、透析直後の倦怠感は軽減し、体調不良の回数も減少、薬剤の使用量も減少、心臓への負担や透析アミロイド症の合併頻度の減少など、長期合併症に対するリスクの軽減があります。そして、最大のメリットは10年後の生存率が大きく向上することです。

長時間透析のメリットのイメージ

治療の流れ
  1. 1

    まず一度受診ください。

    本院「腎・泌尿器科クリニック」へ火曜午後診、木曜午前診・金曜午前診に来院ください。専門の医師が診察させていただきます。

    • 午前診 9:00~12:00(受付時間11:45まで)
    • 午後診 17:00~20:00(受付時間19:45まで)
    • 他院通院中で当院での治療を希望される場合は、診療情報提供書を持参してください。
    受診イメージ
  2. 2

    問診・検査
    • 問診:症状や日常生活への支障の程度などについてお伺いします。
    • 検査:腎臓の機能について検査いたします。

    診察を通して総合的に評価し、患者様のご意見を伺いながら透析治療について決定します。シャントの手術が必要な場合は、後日「腎・泌尿器科クリニック」で受けていただきます。

    問診・検査イメージ
  3. 3

    透析治療
    • 原則として週3回通院していただきます。1回の透析には4~6時間かかります。
    • 透析のスケジュールは血液検査の結果や体重の増減などから決定されます。
    • 夜間透析も行なっておりますので、お勤めの方にも好都合です。

    透析時間はこちら

    透析時間

    透析時間
    午前
    7:30〜12:30
    午後
    13:00〜17:00
    夜間
    17:00〜22:00
    オーバーナイト
    20:00〜翌6:00
    • オーバーナイト透析は、本院「腎・泌尿器科クリニック」で行っています。
    透析治療イメージ
  4. 4

    日常生活

    食事制限やシャントのケアなど注意は必要ですが、普通に生活することができます。

    日常生活イメージ

当院の透析治療一覧に戻る